沿革

2003年 9月
  • 三井物産にて物流ファンド事業着手
2005年 5月
  • 物流施設特化型REIT「日本ロジスティクスファンド投資法人」上場
2007年 7月
  • 不動産私募ファンドのアセットマネジメント事業を
    「三井物産リアルティ・マネジメント株式会社」が承継
2008年 9月
  • MBRMロジファンド(物流施設特化型ファンド)設立
2011年 3月
  • MBRMロジファンド2号(物流施設特化型ファンド)設立
2011年12月
  • 物流ファンド(川越ロジスティクスセンター)設立
2012年 3月
  • 物流ファンド(草加物流センター)設立

物流ファンド(草加物流センター)

2012年 9月
  • 物流ファンド(横浜町田ICロジスティクスセンター)設立

物流ファンド(横浜町田ICロジスティクスセンター)

2013年 5月
  • MBRMロジファンド3号(物流施設特化型ファンド)設立
2014年10月
  • オフィスビルファンド(新宿イーストサイドスクエア)設立

オフィスビルファンド(新宿イーストサイドスクエア)

2015年 1月
  • 開発型不動産ファンド(六甲アイランド物流センター)設立
2015年 9月
  • オフィスビルファンド(友泉新横浜ビル、友泉新横浜一丁目ビル)設立
2016年12月
  • 総合型REIT「投資法人みらい」上場
  • 物流ファンド(狭山日高フルフィルメントセンター)設立
  • オフィスビルファンド(MIテラス名古屋伏見ビル)設立

オフィスビルファンド(MIテラス名古屋伏見ビル)

2017年 4月
  • 物流ファンド(舞洲4ロジスティクスセンター)設立

物流ファンド(舞洲4ロジスティクスセンター)

2018年 2月
  • 総合型私募REIT(非上場オープン・エンド型投資法人)「三井物産プライベート投資法人」運用開始
2019年 1月
  • AM業務受託(板橋物流センター)
2019年 2月
  • 総合型私募REIT(非上場オープン・エンド型投資法人)新投資口発行並びに国内不動産信託受益権の取得
2019年 8月
  • 総合型私募REIT(非上場オープン・エンド型投資法人)新投資口発行並びに国内不動産信託受益権の取得
2019年 9月
  • 商業施設ファンド(アフレ西院)設立

商業施設ファンド(アフレ西院)

2020年 1月
  • 海外不動産(Hillcrest of Loveland)取り組み開始

海外不動産(Hillcrest of Loveland)

2020年 2月
  • 総合型私募REIT(非上場オープン・エンド型投資法人)新投資口発行並びに国内不動産信託受益権の取得
2020年 4月
  • 物流施設ファンド(六甲アイランド DC)設立

物流施設ファンド(六甲アイランド DC)

2020年 8月
  • AM業務受託(八千代 DC)

AM業務受託(八千代 DC)

2020年 9月
  • AM業務受託(LOGIBASE市川)

AM業務受託(LOGIBASE市川)

  • AM業務受託(上北沢レジ)

AM業務受託(上北沢レジ)

2020年12月
  • AM業務受託(銀座レジ)

AM業務受託(銀座レジ)

2021年 2月
  • 総合型私募REIT(非上場オープン・エンド型投資法人)新投資口発行並びに国内不動産信託受益権の取得
2021年 3月
  • AM業務受託(経堂レジ、新宿中落合レジ、門前仲町レジ)

AM業務受託(経堂・新宿中落合・門前仲町レジ)

2021年 7月
  • AM業務受託(データセンター)

AM業務受託(データセンター)

2021年 8月
  • AM業務受託(巣鴨クリニックビル)

AM業務受託(巣鴨クリニックビル)

  • AM業務受託(LOGIBASE川越)

AM業務受託()

2021年 9月
  • AM業務受託(町田商業ビル)

AM業務受託(町田商業ビル)

  • AM業務受託(蓮田DC)

AM業務受託(蓮田DC)

このページの先頭へ